So-net無料ブログ作成

どこまで取り締まられるんだろうか?

「戻れば漁船を破壊」サンゴ密漁に中国当局読売新聞 2014年11月12日 11時05分
 【象山(中国浙江省)=鈴木隆弘】小笠原諸島の周辺海域などで希少な「宝石サンゴ」を中国漁船が密漁している問題で、浙江省象山県の漁業管理当局の幹部は11日、読売新聞の取材に応じ、同県の漁港からサンゴ漁船数十隻が日本の海域に出ていることを認め、「戻れば厳しく処分し、再発防止のため漁船を破壊する」と明言した。


中国側も動き始めましたね。
でも、どこまで取り締まってくれるんだろう?

中国ってアフリカでは象牙を密猟したりしてるんでしょ?
世界中のどこかで密猟(密漁)しているというイメージの強い中国。

取り締まりを厳しく行っているみたいだけど、
その効果は微妙なところ。

今回の取り締まりでは、きっと漁民が犠牲になるだけで、
本当に取り締まらなければいけない人たちはのうのうと密漁を続けていそう。
まぁ、取り締まらないよりはいいと思うけど、
組織化された密漁からはどれくらい守ってくれるんだろう?

ただでさえ、人間の生活活動によって
自然破壊されていってる。
そこをさらに密漁という形で自然や生態系を破壊するって
迷惑ですね。

地球から他の惑星へ移住計画があるけど、
まずはこの自然を守ることが先のような気がします。

後世へ引き継ぐために今の地球環境を
守っていかないといけないと思います。


関連記事
珊瑚の密漁問題
珊瑚の密漁問題―国外の反応―
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ちっぽけな玉手箱 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート