So-net無料ブログ作成

品位を感じない。

wedding.gif加藤茶の嫁・綾菜を生んだ謎の集団「金持ちと結婚する会」、現役メンバーに直撃インタビュー!
サイゾーウーマン 2014.12.14
 2011年6月、ザ・ドリフターズの加藤茶が、当時23歳の綾菜と“45歳差婚”を果たし、世間に衝撃が走った。親子以上に離れた年の差と、綾菜の派手な見た目により、結婚当初から「遺産狙い説」が噴出。疑惑の女・綾菜はメディアの格好の標的となり、かつて「金持ちと結婚する会」なる謎の集団に出入りしていたことまで発覚、人々の好奇心を刺激した。今回、サイゾーウーマンは、うわさの「金持ちと結婚する会」のメンバー・S子さん(仮名)に接触。一般人は想像だにできない同会の実態と彼女たちの渦巻く欲望に迫った。

――そもそも「金持ちと結婚する会」とはなんなのでしょうか。


綾菜を生んだって(笑)
ひどい扱い。
まぁ、世間の加トちゃんの心配をよそに
あれだけ好き勝手に騒いでたら、
仕方ないよね。

この会の名前って
女性から見た名前だよね。
肉食系な女性が多そう(笑)
欲望にまみれた、
品位が低そうなが多くいそう。
すでに会の名前からドン引きしました。

S子さん アイドルやモデルなどの「タニマチがほしい人」という人が、お金持ちの男性と出会うためにできたのが始まりのようです。可愛い女の子と出会いたいお金持ちの男と、タニマチがほしい女という需要と供給が一致し、自然発生的に生まれた文化だと思います。話によると、20年、30年前……いやもっと古くからあるみたいです。

ある程度の地位にある男性は、
若い美しい女性=ステータスみたいなのがあるからね。

吉原の女性がお金持ちの男性に見初められたら、
廓から買ってもらって外の世界に出ることができるでしょ?

男性からしたら、
お金を持っているから吉原の女を買えるというステータスがあり、

吉原の女性からしたら、
お金持ちの男性がお金を出してまで
そばに置きたいと思わせるほどに
価値のある女性だというステータスがあったようです。

それは今でも変わらないでしょう。

S子さんの発言で痛すぎ言葉を発見したよ。
S子さん 私の会に限らず、読者モデルや元モデル、元アイドルなど、なにかしら業界の仕事をかじったことのある子ですね。みんな、ある程度裕福な家に生まれた子ばかりなのも共通しています。そういう子は幼い頃から、自分より裕福な生活をしている人を間近で見てきたため、「私ももっといい暮らしがしたい」と野心を持ちやすいんです。貧乏な子はいませんね。「お金がほしい」というのが前面に出てしまい、男に煙たがられるし、そんな子を会に呼んでしまった女も白い目で見られてしまいますから。

ある程度裕福な家に生まれた子ばかり…
とあるけど、
それは、親が裕福だけど、
自分はモデルとかかじったけど
稼げない普通人間って言ってるのと変わらない。

貧乏な子はいないんじゃなくて、
親が貧乏な家庭の貧乏な子はいますよって
言ってるようなものでしょ?
みんながそうじゃないだろうけどね。

綾菜さんみたいな品位を疑う行動をする人もいるんだよね。
品位は資質ではないと思う。
どんな人間と付き合ってきたのか、
それが自然と身につき、醸し出されるもの。

生まれが良くても育ちが悪いとね。
馬脚がすぐに出るだろうし、
ある程度のお金持ちの人はすぐに見抜いてしまうでしょうね。

インタビューを受けたS子さんの品位も
何か疑わしい
おかしなインタビューでした(笑)
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ちっぽけな玉手箱 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。