So-net無料ブログ作成

裁判官「それ以上続けると意見陳述制限します!」

作成日:2015-01-09 15:16
ろくでなし子さんの「まんこ」発言に裁判官「それ以上続けると意見陳述制限します!」
弁護士ドットコム 2014年12月22日 21時32分
女性器をモチーフにした作品で知られ、わいせつ電磁的記録送信などの容疑で逮捕・勾留されている芸術家「ろくでなし子」さんが12月22日、東京地裁で開かれた「勾留理由開示公判」に出廷し、裁判官の前で意見を述べた。


裁判官の不快感を表しているような発言だと思いました。
聴くに耐えないと感じさせたんだと思います。
ろくでなし子さんの主張も分からなくはないけど、世間が付いていけてないと思う。
彼女の主張は空気が読めてない人か、知能が足りない人に感じました。

端的に言って、芸術作品として満たない理由を考えてみました。
1.意見陳述での言葉選びが失敗。
2.芸術作品としてモデルがいない。局部が「直接」表現はわいせつ物。
3.まとめ

まず、裁判所での意見陳述で「ま○こ」はないでしょう。
法廷の場所に限らず公の場で、「ま◯こ」等俗語って出てこない気がします。
「下腹部」や「陰部」、「女性器」って教科書に載っているような表現といったらいいのかな?
そのような表現をしたのであれば、良かったと思います。
芸術作品に限らず、文学作品においても性的描写はあるもののその中に知性が感じられると思います。
彼女の主張が知性のあるものではなかったので、「何言ってんだコイツ?!」という心象も悪かったと思います。
それから、俗語というのは古語から派生したのが多く、昔は貴賓もなかったと思います。
例えば、「ち○こ」や「おち○ち○」は幼児が発語しやすい言葉なので耳にするかもしれませんが、公共の場所で連呼する人はいませんよね。
しかし、俗語の昨今での意味合いは、相手をからかったり、貶めたりするための意味合いの言葉がほとんどです。
辞書には遠回しな表現で大体こんな内容が書かれています。
卑俗で、格調の高い文章には使わない方がよいとされる言葉。また、(雅語に対して)世間で普通に使われる言葉。

彼女のそのような俗語による表現は女性を貶められている気がします。

次に、この作品と主張する物自体が問題なんじゃないかと考えます。
多くの芸術作品において人物を作る際にはモデルがいて、それを模した作品です。
また精々裸体だったので芸術として見られたんだと思います。
もしも作品にモデルがたとするなら、リベンジポルノのように特定の個人の性的描写物は法で罰せられますのでアウトだと思います。

陰部については宗教にも見られ、リンガとヨーニが有名ですよね。
長い時間をかけて、神様として信仰の対象となっています。
これは芸術作品ではなくて信仰なので、モデルがなくても良かったんだと思います。
モデルがいてそれを信仰するというのはちょっと抵抗がありますからね。

彼女の活動は子供のお絵描き似ていると思いました。
子供が成長過程における試行錯誤の途中であり、自分の気持ちを主張し、自分らしく表現する手っ取り早い方法がお絵描きでしょう。
その時の感情や思いをぶつけているので、情景を思い浮かべやすく成長の証として見る人が多いと思います。
中には自分の子供の頃を思い出し、共感したりすると思います。
それは、「記憶、共感」を刺激するんだと思います。
しかし、芸術作品には「記憶、理解、学習、共感」するものだと私は考えます。
表現者の知性がなければ、理解や学習の部分はないでしょうし、受取手の知性がなければ、理解の部分がないと思います。
ろくでなし子さんの作品と主張するものに足りない部分だと思います。

今回、彼女の作品と主張する物は宗教でもありませんので、わいせつ物と言われても仕方のないことでしょう。
おそらく、彼女の表現の仕方は女性だけではなく、男性も不快に思う人がいると思います。
そういうのは芸術でもなんでもないと思います。


余談ですが、AVはわいせつ物頒布と売春、いろんなグレーゾーンにかかってる気がします。
AVが「売春」にならない本当の理由
これがなければ、あちこちで毎日誰かが強姦されているんじゃないですかね?

これも少年が貞操が危ない気がしました。
そういう嗜好の人がいないわけではないですからね。
サザビーズのオークションにかけられたフィギュア、16億円で落札

一般人が知識もなく、また知識があったとしてもこのような罪に問われる可能性があります。
「わいせつ物頒布罪」の法律相談
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ちっぽけな玉手箱 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート