So-net無料ブログ作成

勉強すること。

先日、ワイドショーで少年革命家ゆたぽんというYouTuberが取り上げられていました。
その中で彼は学校に行かなくなった理由として2つあげていました。
一つは、学校に宿題を拒否したところ、学校の先生に怒られて強制的にさせられたというトラブルがあったから。
二つ目は、クラスメートが言われた通りに動いていてロボットみたいなことに違和感を覚えたから。

巷では多くの人に否定的にとられ、炎上商法だとか騒がれていますね。
父親は彼の生き方を認めているとか。

彼の言う、子供の不登校は不幸じゃない、それは本当なのでしょうか?
私は沢山のモヤモヤと違和感を感じました。
私には、不登校が不幸の入り口にしかみえません。
まず、ゆたぽんの登校拒否理由には納得できません。
宿題と一口に言っても予習、復習、自由学習に分けられると思う。
予習は、授業を理解しやすくするための準備と思ったらいいです。
復習は、授業で習った事を繰り返して練習して身につける方法です。
自由学習は、自分で勉強を選び、取り組みの達成感を感じて次へとつなげる方法です。

ゆたぽんがどんな宿題を拒否したのかわかりませんが、学習の機会を捨てたのと同じだと思います。
どの仕事も義務教育で最低限の勉強をしているのを前提として、専門的な知識を身につけます。
ゆたぽんはYouTuber以外の未来の選択肢を失ったと思います。

クラスメートがロボットみたいだったと言うけど、それは協調性を身につけているから。
社会に出たら、必ず他者との協調、協力が必要になります。
わがまま放題だったら、近所づきあいはままならず、あらゆるお店を出禁になるでしょう。
衣食住をどうしますか?

ゆたぽんの両親は、そんなこともわからないのでしょうか?
彼の考えを認めてあげることは大事と思いますが、将来を潰しているのと変わりません。


次に不登校が不幸じゃないと言うのですが、それは短絡的だと思いました。
長い人生の中でいじめは一瞬、学びは一生だと思います。
辛い時間でも長い人生の中では小学校6年と社会に出てからの20年を比べたらどうだろう?
無学であれば、土方や建築などのキツイ、キタナイ、キケンの職業くらいしかありません。
それは、先に述べたように仕事に必要な知識を得るには義務教育相当の学力が基礎にないと難しいからです。

今は小学校と中学校は義務教育なので、みんな授業を受ける権利があります。
昔の人は、下の者に知識を与えない事でコントロールし、知識を得る事で反乱を起こす事を恐れたので、勉強はお金持ちしか学ぶ機会がなかったのです。
それを良しとしなかった多くの人たちの努力によって義務教育が受けられるようになった事を覚えておいて欲しいです。

いつまでも親はいません。
しかし、子供たちはその先も生きて行かなければいけません。
勉強をしていなければ、悪い者に騙されて詐取されます。
詐取されていることにすら気づいていないかもしれません。
そんなことにならないように知識という武器を持って社会に出る必要があるのです。

私は、勉強の機会が当たり前になった今だからこそ、なぜ勉強するのかを家族で考える時間を持った方がいいと思います。

共通テーマ:blog
Copyright © ちっぽけな玉手箱 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート